一般社団法人 国際環境蘇生基金

日本に眠っていた技術を活用して、汚染された河川や湖沼・土壌の改善・浄化を行うことの他、孤児院創設活動や、循環型の地球村、災害に苦しんでいる地域の方々への支援など、お金というエネルギーが回らないが為に見過ごすことしか出来なかった放置されている全ての環境を蘇生していく事が私達の活動です。

活動内容

未来の子供達に美しく健康な本来の地球を残す為に自然環境・生活環境などあらゆる分野、全ての環境を蘇生していく活動を行っています。

代表理事よりご挨拶

私たち人間は本来、自然と共に暮らし、自然の恵みに生かされて暮らしてきました。
世界の各地それぞれの環境の中で、知恵が生まれ、文化が生まれ、風土が生まれ、固有の暮らしが培われ、与え合い、譲り合い、助け合って暮らしてきました。 いつの日からか人間は、経済の発展と共に、競争の世界へと歩を進めました。 自然環境や全ての生物へと向けられた競争の精神は、略奪へと人々を導き、山を壊し、海を汚し、空気さえも汚してきました。さらには、風土を壊し、文化を塗り替え、秩序さえも奪っていきました。
私たちが進むべき世界は、「競争」ではなく「共存」の世界です。
私たちには未来の子供達に、地球を本来の美しい姿で引き渡す責任があります。 私たちが壊し、汚し、奪い、仮死状態に追いやってしまったこの地球を、今の私たちが、そして未来の子供たちが平和に、健康に、安全に生活出来る環境に蘇生する責任があります。
国際環境蘇生基金には、地球環境を蘇生する為の技術、知識、人脈があります。 経済発展を妨げるといった身勝手な理由から、世に出ることを許されなかった技術。 立ち返るべき循環社会に必要な知識や技術があります。この時代の変換期を迎える為に準備されてきたとしか言いようのない、時代も空間も超えた世界の叡智の統合技術が私たちにはあります。
そして志を共にする人々が集まっています。これからも日々集まります。 何より、これを読んでくださっている貴方自身がその一人です。
共存という志の中に、対立も競争もありません。
共に手を取り、知恵を出し合い、道を開いていくことが、私たちの描く姿です。
今ある知識も、技術も、人脈も、次の瞬間には過去のものに成り果てます。
志を共にする仲間とのコミュニケーションがその「今」に最適な道を切り拓きます。
一人の力は一人の力ですが、二人の力は二人の力ではありません。 三人・四人・五人分の力にも匹敵します。私たちのご先祖様はそのことを知っていました。
私たちは理想を唱えるだけの団体ではありません、資本というエネルギー、人本というエネルギーは共に必要不可欠です。
より多くの方の力が必要となります。 一人でも多くの方にご賛同いただいて、共に地球の健康に向き合い、未来の子供達に引き渡すための活動をしていくことが、私たちの描く姿です。
悔いの残さない人生、それは「私」の枠を超え、いかに誰かや何かの役に立てるか。 そこに在るのではないでしょうか?
貴方のご協力を心よりお待ちしております。
感謝と共に。

呉源成

代表理事

皇紀2637年6月生まれ。起業家、活動家。
飲食業、建設業、不動産業、人材派遣業等様々な業界の中で興した事業は七転び八起き目。
現在は全ての学び、関わりの統合に向けて、一般社団法人 国際環境蘇生基金 代表理事を務める。

法人概要

協会理念

 地球の健康

行動指針

 全方よし!

事業内容

 地球蘇生型地域社会の回帰支援

 地球蘇生村の創設・運営

 水質浄化・環境蘇生活動(日本の河川、世界の河川、砂漠の緑地等)

 技術バンク

 基金創生

法人概要

  •   03-6447-7988
  •   東京都港区高輪4−8−23−101

お問い合わせ

各種お問い合わせはこちらのフォームからお願いします。